水晶用語・内包物編

アイウエオ順ではありません。上の記述と下の記述が連携するように考えて並べております。

【インクルージョン(内包物)】

ヒマラヤ水晶内包物インクルージョン字のごとく、水晶の中に入っているその他の鉱物のこと(鉱物に限らず虹や液泡なども内包物と呼ぶことがある)。 水晶は鉱物豊富な環境で育つため、他の鉱物を内部に取り込む事が非常に多いといえます。 内包物は大きく分けて 1.内包物が先に育ち、その鉱物の特徴を持ったまま、水晶に内包されるパターン(初生インクルージョン) 2.内包物と水晶が同時に育ち、内包された鉱物がその鉱物の特性を持たないパターン(同生インクルージョン) 3.成長後の環境変化〜温度や圧力の変化等〜により、内部に生じたパターンがあります。 多くの内包物水晶を見ているうちに、どのパターンなのかある程度推測できるようになります。 インクルージョンは鉄系鉱物(ヘマタイトなど)、チタン系鉱物(ルチルなど)角閃石系鉱物(緑閃石など)、雲母(バイオタイトなど)、時にはガーネットやフローライトなど、実に様々です。 その内包形状も色も多くのバラエティがあり、見た目だけでは鉱物学者や鑑別師さえも内包物を同定できないことも多々ございます。 水晶内部で千変万化の風景画を見せてくれるインクルージョンは水晶鑑賞の最大のハイライトと言えるでしょう。

【緑泥石入り水晶】

ヒマラヤ水晶内緑泥石入り最も「ヒマラヤ水晶」らしいと思われる内包物です。 最近では様々な色・形状・内包物を持つ水晶がヒマラヤ山中から見つかっておりますが、かつてはこの緑泥入り水晶がヒマラヤ水晶の代表格でした。 この緑泥石は厳密には12に分別される緑泥石族(chlorite group)の事を指し、アルパインベインタイプの鉱脈の変成岩中で多くみられる鉱物です。 ヨーロッパアルプスでもヒマラヤ水晶にそっくりな緑泥石入り水晶が多く産出します。 水晶と同時に育ち、内包された緑泥石はまるで苔のようにも見えますので苔入り水晶とも呼ばれます。 「この緑色の物質は苔(又は藻)であり、遥か昔にヒマラヤが海であった証拠である」と噂されるほどその形状は苔や藻のようです。 良くも悪くも和名が「緑」泥石なのですが、クローライトグループが必ずしも緑というわけではありません。 緑泥石入り水晶はダディン地区ガネーシュヒマールラパ地域全域で産出しますが、特に良質なものはラプチェ鉱山やクプチェ鉱山などで採掘されるようです。 現在ではタンタブレ鉱山やタティガン鉱山、マンゲルマグリン鉱山でも良質な緑泥が産出します。 ※スパイキーパサルが調査しました、まだ調査中でもあります。

【アクチノライト水晶】

ヒマラヤ水晶緑閃石アクチノライトこの内包物もヒマラヤ水晶において多くみられる内包物の一つです。 まだヒマラヤ水晶が多く研究されていなかった当初、当店でも緑ルチルと呼んでおりましたが、混乱を避けるため、名前をアクチノライト(緑閃石)入り水晶と統一します。 このアクチノライト(actinolite)は和名を緑閃石といい、角閃石族(Amphibole)に属します。 鉱物的にもルチル(金紅石)とは全くもって別のものです。 太い細い、濃い薄い…と様々な表情を見せてくれるアクチノライトですが、基本的には緑色の針金形状または繊毛状です。 アルパインベインで良くみられる内包物ですので、ヨーロッパアルプスでも同様のアクチノライト入りが産出します。 ガネーシュヒマール全域でみられる水晶ですが、良質なものはタンタブレやタティガンと呼ばれるラパの高地(ガネーシュヒマールの西稜)ではないかとスパイキーは推測しております(現在調査中)

【ガーデン水晶】

ヒマラヤ水晶ガーデンクォーツガーデン水晶」という呼び名も定義が曖昧な呼称のうちの一つです。 内包物などによりまるで水晶の内部に「庭園」が見えるような、そんな水晶の総称です。 緑色の山岳風景や、小さな湖畔の情景などを見せてくれる緑泥石入り水晶や、仙人が棲んでいそうな竹林風景や神秘的な奥深い森を見せてくれるアクチノライト水晶は、ガーデン水晶の典型といってよいでしょう。

【針金形状内包物入り水晶】

ヒマラヤ水晶ルチル水晶ルチル水晶という混乱を招いた針金形状内包物。 当店でも昔はルチル水晶やルチル形状をした内包物と呼んでおりましたので、混乱を招いた要因かと思います。 申し訳ございませんでした。 先駆者であるが故の間違いにてご容赦ください。 ヒマラヤ産においてルチルのような形状をした内包物の多くは、ルチル(金鉱石)ではなく、角閃石族に属する鉱物が針金形状・繊毛形状になったものです。 あくまでも個人的な見解ですが、鉄系鉱物の針金形状内包物(ゲーサイト等)やチタン鉱物の針金形状内包物(ルチル等)と角閃石族の針金形状内包物の違いは、その「質感」によってある程度見分けることができます。 前者2種は無機質的で、鋭く硬質な輝きを持つのに対し、後者の角閃石系は有機質的で柔らかく軟質な輝きを持ちます。 前者はより金属質的で後者は植物質、あるいは動物の毛のように見えます。 ルチルは強い光に当てて拡大鏡で観察しても色が単色で金属光沢を放ちますが、角閃石は強い光をあてて拡大鏡で観察すると色にかなりの斑が見られます。 ヒマラヤ水晶の中では内包物として多く確認されるものですが、角閃石族の何にあたるかは破壊してXRD検査にでもかけない限りはわかりません。 角閃石族は非常に千差万別で面白い世界を創り出してくれます。
 

【アミアント(ビソライト)入り水晶】

ヒマラヤ水晶アミアント上記の角閃石族針金形状内包物入り水晶の中の呼称のひとつ。 実は角閃石は「石綿」なのです。 石綿!? そうです、これが工業利用されるとあの断熱材として話題となったアスベストなのです。 針金形状というよりも、繊毛状・綿毛状と表現するのが近いといえます。 ドイツの鉱物専門書や英文著書・サイトを見ると、amiant(もしくは英名ビソライト)と一括されていることが多く、やはり白から灰色(銀色)の非常に繊細で綿状の内包物のことを指して呼んでいる事が多いです。 アミアントもアルパインベインの変成岩中に産出することが多く、緑泥石や緑閃石と一緒に内包されることも稀ではありません。 非常に繊細で有機質なアミアントは優しさと力強さを兼ね備えるペガサスの毛並みを連想させます。 その為、スパイキーでは天馬または天馬水晶(S造語)と呼ぶことがあります。

【角閃石入り水晶と無色緑閃石入り水晶】

ヒマラヤ水晶透角閃石・トレモライト上記アクチノライト水晶と天馬水晶(アミアント入り)の中間に位置する内包物として敢えて分化しております。 ダディン地区ガネーシュヒマールのラパ地域のタンボール?(正式な名前不明)鉱山に非常に良質かつ興味深い針金形状内包物入り水晶を産出する鉱山があります。 その鉱山から来る水晶に入っている内包物は、かなり太い針金形状で、ときにススキ色からファイバーのような半透明のものもあります。 更にはアクチノライトの緑色とススキ色、透明色がひとつの針に同時に見られることもあり、まさにアクチノライトの緑色が色抜きされたかのようなのです。 同じ角閃石族ではありますが、繊毛状アミアントとは明らかに形状や色に違いがあります。 ドイツの鉱物専門書でColorless Actinolite、つまり無色緑閃石という言葉を見つけました(ヒマラヤ水晶に対しての解説ではありませんでしたが) まさにこの内包物を形容するのにぴったりの呼称だと思い、スパイキーでは無色緑閃石(S造語)と呼ぶことにしております。 無色の角閃石はTremolite(トレモライト透閃石)とも呼ばれます。 スパイキーパサルの呼び名分類では、「アミアント・ビソライト=細い、角閃石・カラーレスアクチノライト=太い」と考えて下さい。
 

【エンジェルヘアー・ビーナスヘアー】

ヒマラヤ水晶エンジェルヘアーエンジェルヘアービーナスヘアーという呼称は、一般的には繊細な金ルチルと銀ルチルが混合しているものを指すようです。 しかし角閃石族の針金形状・繊毛形状内包物にも非常に繊細で、まさに天使の髪の毛か、はたまたビーナスの髪の毛を連想させるほど妖艶で美しいものがございます。 もともとはルチルの美しさを表現するための呼称なのかもしれませんが、スパイキーパサルでは角閃石族の美しい毛状繊細内包物にも呼称として使っております。

【ヘマタイト内包(貫入)水晶】

ヒマラヤ水晶ヘマタイト和名赤鉄鉱のとおり、鉄(Fe)を主成分とする酸化鉄系鉱物です。 板状または層状で結晶しますが、水晶愛好家にとっては水晶に付着・内包する姿が最もなじみ深いかもしれません。 ヘマタイトの酸化状態により、水晶を綺麗な赤色やオレンジ色に染め上げることもありますが、通常は少し赤褐色を帯びた金属光沢のある黒色です。 水晶内部に点状に美しく散在したもの、大きな一枚の板状ヘマタイトがガツンと貫入してるもの、水晶表面に大量に付着しているもの等、その内包・付着形状は様々です。 ヘマタイトの付着や内包はヒマラヤ全域で確認できますが、素晴らしい貫入や内包・付着が見られるものの多くはガネーシュヒマール山のラパ地域とティプリン地域からきます。 特にティプリンのものにはヘマタイトによるファントム等の驚くほど美しいものが存在します。

【トルマリン入り水晶】

ヒマラヤ水晶トルマリン入り水晶トルマリン(和名電気石)が水晶に付着・貫入・内包されるケースも珍しいことではありません。 多くの場合は、ショールと呼ばれる不透明な黒色のトルマリンですが、非常に稀にピンク色のトルマリンやバイカラートルマリンが内包されることもあるようです(ヒマラヤにおいては確認しておりません)  ブルールチルという誤称で通っているインディゴライトクォーツもルチルでは無くブルーの色をしたトルマリンです(ヒマラヤでは産出しませんが) ガネーシュヒマール山のラパの地域においては、針金形状のトルマリンが内包される水晶が産出し、タプレジュン地区カンチェンジュンガ山のロダンタールやイカブ地域においては、主に水晶に付着している形状で産出します(※スパイキーパサルが調査しました) 水晶がトルマリンを内包する状況は、主にペグマタイト中で起こりますが、例外として細身の針金形状のトルマリンの内包がアルペンベインタイプの鉱脈でも見つかることがわかっています。 以上から推測すると、ガネーシュのトルマリン入りはアルパインベインタイプの鉱脈から、カンチェンのトルマリン付着はペグマタイト中から採掘されたということが分かります。 

【モスコバイト(白雲母)入り水晶】

ヒマラヤ水晶白雲母・モスコバイトヒマラヤ水晶に内包・貫入・付着する鉱物の一つで、モスコバイト(Moscovite)と呼ばれることもしばしば。 自形結晶すると、ひらひらとした8面体鱗状・葉片状を成します。 へき開が一方向に完全であるため、層状になった雲母は手で一枚一枚剥がせるという変わった特性を持ちます。 そう、学生のころ理科の実験で使った雲母はまさにこの雲母なのです。 白雲母は熱や電気を伝えにくい鉱物ですので、絶縁体として使われます。 水晶よりも先に白雲母が生成して、水晶に取り込まれた場合(もしくは付着した場合)、8面体鱗状の形をそのまま残して内包・付着します。
 

【つらら入り水晶】

ヒマラヤ水晶つらら入り水晶の面から内側に向かってしゅっと白いツララ状の内包物が見られるもの。 まさに冬場の軒先を思わせるツララの形状ですので、つらら入り水晶(S造語)と名付けました。 つららはポイント付近に生えることも多く、面と面に反射して沢山の幻影つららが見えるものもあります。 このつららの正体は、上記マイカ(モスコバイト)だと思われます。 上記の白雲母が、水晶と同時に生成しながら内部に取り込まれてゆくと(同生インクルージョン)この様な形状になると思われます。 白雲母のインクルージョン形状はつらら状のみに留まらず、チョークのように特大なものが内包されることがあれば、放射線状に内包されることもあり、雲状にもくもくと内包されることもございます。 

【バイオタイト(黒雲母)入り水晶】

ヒマラヤ水晶バイオタイト褐色のセロファンのような形状を持つ不思議な内包物ですが、これも雲母の一種で黒雲母(バイオタイトまたはビオタイト)と呼ばれます。 ※厳密には黒雲母とは厳密な種ではなく、鉄雲母と金雲母の中間種であり、鉄(Fe)とマグネシウム(Mg)を含んでおります。 上記白雲母と同様に8面体鱗状・葉片状に結晶しますが、大きな違いは鉄分を多く含んでいるため黒色であるということです。 水晶と同時に生成しながら同生インクルージョンとして内包されると、美しいセロファンのような形状となります。 見様によってはワカメのような姿ですが、非常に美しく神秘的な内包物の一つだと言えるでしょう。 水晶よりも先に生成し、初生インクルージョンとして取り込まれると(または付着すると)、黒色で8面体鱗状の姿で内包・付着します。 透明度高いの水晶に内包されている事が多く、最近ではガネーシュヒマール山ティプリン地域で多く産出しております。 タプレジュン地区カンチェンジュンガ山の一部地域からの産出も聞いたことがありますが、定かではありません。 ※只今スパイキーが調査中です。

【プロゴバイト(金雲母)入り水晶】

ヒマラヤ水晶プロゴバイト雲母グループの一種で、字の如く金色の雲母。 金色はマグネシウムの含有によるものです。 雲母としての特徴は他の雲母と同様で、8面体鱗状・葉片状に結晶します。 こちらも水晶に生成されると絶品の美しさを発揮します。 黄金に輝くその様は、地球の神秘、いや宇宙の神秘を目の当たりにしているようです。 その様子からビックバン水晶(S造語)、またはフェニックスの羽(S造語)と呼ぶこともあります。 ヒマラヤ水晶の中でも最も美しく珍しいものと考えております。 ごく稀にガネーシュヒマール山のチョンテンカルカ地域の最高質ミラーの中にプロゴバイト(もしくはバイオタイト)が内包されているものがありますが、これは文句なく最高質のヒマラヤ水晶といえるでしょう。 ※スパイキーパサルが調査しました。

【ガーネット入り水晶】

ヒマラヤ水晶ガーネット入り水晶ガーネットも非常に稀なタイプの内包物です。 ガーネットは通常、岩石内で単体として結晶するため、水溶液中で結晶する水晶に内包されることはほとんどありません。 しかし例外として、高温下のペグマタイト内では水溶液中でもガーネットが生成するため、このように水晶に取り込まれることがあります。 単体結晶のガーネットはダディン地区、サンクワサバ地区、イラム地区でも確認されておりますが(詳しくは他のヒマラヤ系鉱物解説参照)、ガーネットインクルージョンのある水晶は、タプレジュン地区カンチェンジュンガのペグマタイト鉱床(イカブサンサブ地域でアクアマリンやショールトルマリンなどと一緒に産出します)からしか確認されておりません。(※スパイキーが調査した情報です。) 内包されるガーネットはスペサルティンタイプではないかと思われますが、現在調査中です。 大概の場合、ガーネットを内包する水晶の表面はすりガラス状の半透明で、水晶内部が綺麗に見えません(ごく稀に表面が透明なものも産出します) しかし内部は透明なので、ガーネット部分をカボションカットなどにして抜き出すと、とても素晴らしいものが出来上がります。

【チタナイト付着】

ヒマラヤ水晶チタナイトチタン系(Ti)鉱物であり、水晶に付着します。 宝石名としての呼称である「スフェーン」と呼ばれる事もしばしば。 和名を楔石(くさびいし)といいます。 黒砂糖のようなブラウンシュガー色もしくは緑を帯びた黄色で、粒々と細かで尖った結晶なのが特徴です。 多色性が強く黄緑色〜褐色ですが、ヒマラヤの多くのものは褐色が強いように思えます。 水晶の表面に付着していることが多く、強く触れると剥離してしまうこともあるで注意が必要です。 自形を保ったまま水晶内部に内包されることもあるようですが、ヒマラヤ産水晶におて確認したチタナイトはほとんどが表面に付着したものです(スパイキーパサルが調査しました) 

【水入り水晶】

ヒマラヤ水晶水入り水晶その名の示す通り、液体を含んだ水晶。 しかし実際にはほとんどの水晶に液体インクルージョンは含まれており、それがあまりに微細であるため肉眼で確認ができないだけなのです。 ここでの水入り水晶とは「水晶に内包された液体が気泡(バブル)が動くことにより、肉眼で確認できる水晶」ということにするのが良いでしょう。 バブルが大きければ大きいほど良しとされ、バブルの動きが良ければよいほど価値も上がる傾向にあります。 肉眼での可視・不可視を問わず、水晶に液体が内包される事は多々あるのですが、稀に石油が内包されることもあり、エンハロイドクォーツなどと呼ばれて貴重なコレクターアイテムとなります(※ヒマラヤにおいては産出がございません) また、高圧下の水晶生成過程においては、通常は気体である二酸化炭素やメタンなども液体として内包されることがあります。 非常に速い成長を見せるスケルタル水晶(骸晶)は水を取り込むことが多く、スケルタル水晶の内部を良く観察すれば、動くバブルが肉眼でも見つけられるかもしれません。 ガネーシュヒマール山・ラパ地域のスケルトン水晶及びアメジスト水晶を産出する鉱山の水晶には水入りが非常に多く見られます。 スパイキーパサルの見解ですが、ヒマラヤには水入り水晶が多くあります。 珍しいと思われがちですが、決して珍しいわけではありません。 しかし何故か現地でも「水入り水晶は高く売れる」という概念が定着しており、村人も業者も必死で内包されている水を探しては高値を付けます。 従ってヒマラヤの水入り水晶は高いです。

【山入り水晶(ファントムクォーツ)】

ヒマラヤ水晶山入りファントムクォーツ水晶内部に錐面の5角形の上辺2辺と平行した山なりの層が見られるもの。 ちょうど山状になるので、和名山入り水晶といいますが、ファントムクォーツという名前のほうが通っているかも知れません。 ファントムとはフランス語でゴーストの意味です。 まるでオバケのようにうっすらと浮かび上がっている様から名付けられたのでしょう。 このファントムを作り出す原因は、水晶の成長過程において一時的に他の鉱物(典型的例はクローライト)が水晶に降り注ぐことにあります。 それが水晶にとっては成長を阻害するものとなり、一時的に成長が中断します。 しかし鉱物の降り注ぎが一時的であるために成長がすぐ再開されます。 すると一時中断した部分に内包物を置き去ることになり、ポイントに平行した「山」が生まれるのです。 これが繰り返されると、層状に連なるファントムとなります。 また、カラーゾーニング(色の境界線)による山もファントムクォーツと考えられます。 上記色による分類に既出のスモーキーファントムクォーツ(バイオスモーキー)が、カラーゾーニングによるファントムの好例といえるでしょう。 また、アメジストファントムも同様のカラーゾーニングによるファントムです。 尚、クローライトタイプのファントム水晶はガネーシュヒマールのラパ地域(恐らくは古い鉱山になります)と最近の新産地であるダウラギリにおいて確認されております。 しかしラパ地域のファントムは濃厚な緑泥石が力強い山を作るのに対し、ダウラギリのファントムはきめの細かいモスグリーンの緑泥がうっすらと層をなす形状のファントムという違いがございます。 ※スパイキーが調査しました。

【水晶貫入水晶】

ヒマラヤ水晶貫入水晶なんと驚き!水晶の中に水晶が入ってしまうタイプです。 水晶の中に水晶、ということで水晶IN水晶(S造語)と呼ぶこともございます。 完全な状態の水晶入り水晶に至っては、内包されている水晶にも見事な6柱面とポイントを持ちます。 水晶の核が近い場所で発生し、同時に成長を開始すると重なり合い、時には片方の内部に入り込む事がございます。 他方の水晶が小さければ、大きな水晶に取り込まれる事になるでしょう。 ガネーシュヒマール山域の緑泥石入り水晶の中に、稀に水晶IN水晶を見つけることがありますが、最近あまり見かけることがないのは何故なのでしょうか(2010年現在)

【砂岩片や泥土の小さな内包物や付着物】

ヒマラヤ水晶内その他細かな内包物造山活動や地殻運動が盛んな地域では、揺れや隆起などによりポケット内(水晶が生成している鉱床穴)の小さな長石片や微細な砂岩・泥土、雲母の燐片などが岩壁から剥がれ落ち、成長過程の水晶に影響を与えることがあります。 これらの微細な片は成長干渉を起こしたり、ファントム層を作り出したりもするのですが、水晶内部に取り込まれて内包物となったり、水晶表面に付着することがあります。 こと造山活動の盛んだったヒマラヤですので、ヒマラヤ水晶に多くの微細でユニーク、そして不明な?内包物が多いのは当然のことと言えますね。 そういった極小の内包物や特定のできない不明の内包物や付着鉱物が見受けられる場合、「黒色の点状内包物」や「黄色い泥状付着物」といった解説を行います。 まだまだ研究が進んでいないヒマラヤ水晶には正体不明の内包物や付着鉱物が

【霧状のもや】

ヒマラヤ水晶霧状のもや内部の液泡やクラック等が棚引く白い「もや」のように見えます。 液泡は内包物ですが、クラックは正確には内包物とは呼べないのかもしれません。 この「もや」が多いと曇りがちな半透明となります。 水晶生成時の外的環境や内的環境が影響を与えますので、もやの要因は多岐にわたります。 透明度が高い水晶ほど、良質だと考えられるのは仕方のないことではありますが、この「もや」は絶妙な量やバランスにより銀河のような小宇宙や天の川を見せてくれます。 スパイキーパサルの解説では基本的に「霧状のもや」という言い方をしております。

【虹入り水晶】

ヒマラヤ水晶虹入りこれも正確には他の鉱物が混入しているわけではありませんので、他の鉱物が内包されている「内包物入り」とは少し異なります。 水晶の内部に見えるの主たる原因は、クラック(内部亀裂層)によるものです。 内部のクラック層が光の屈折を生み、光の反射角度によって虹のプリズムが輝く水晶を虹入り水晶と呼びます。水晶にとって他の鉱物の内包は、大きな衝撃でもあります。 その為、上記に解説してきた針金形状内包物やヘマタイト等の内包物の周辺にはクラックが生じることが多く、結果とし内包物入り水晶には虹が見えやすいという傾向があります。 大きなプリズムを持つもの、小さなプリズムがたくさん見えるもの、扇状のプリズムなど、虹の見え方にも様々ですが、スパイキーパサルでは虹の大きさや輝きの強さにより1光、3光、5光、7光と呼ぶことがございます。

お支払いについて

クレジットカード 代金引換 銀行振込・郵便振込(前払い)

お支払い方法は、クレジットカード、代金引換、三井住友銀行振込(前払い)・郵便振込(前払い)、よりお選びいただけます。

■クレジットカード
VISA・MASTER・JCB・AMERICAN EXPRESS・DINERSがご利用いただけます。(分割・リボもご利用可)

■代金引換
ヤマト運輸(クロネコヤマト)のコレクトサービスがご利用頂けます。
商品到着の際、宅配便のドライバーに現金をお支払い下さい。
※10000円(外税)以下のご注文の際は代引き手数料324円を貰い受けます。
※10800円(税抜10,000円)以上のお買い物で代引き手数料は無料となります。

■銀行振込(前払い)
ご注文後、当店指定の三井住友銀行口座へ代金をお振り込み頂きます。
※お振込手数料はお客様のご負担となります。

■郵便銀行振込(前払い)
ご注文後、当店指定の郵便銀行口座へ代金をお振り込み頂きます。
※お振込手数料はお客様のご負担となります。

【お振り込みに関するご注意事項】
お振り込みは前払いとなります。
ご注文受付日(当店からの「ご注文いただきました」というメールが届いた日)より 2週間以内にご入金ください。 万一、ご入金期限が経過し、ご入金のご確認ができない場合は、 当店よりご一報の後、ご注文の取り消し処理をさせていただきますので予めご了承下さい。

商品の返品交換について

交換・返品の際には商品受け取りより1週間以内にご連絡下さい。
到着より一週間を過ぎますといかなる理由でも交換・返品は受けつけられません。
また、当店の商品はすべて天然物、手作りの一点物という性質上、
以下の理由での交換・返品は受けかねますのでご注意下さい。

■返品・交換できる場合
返品・交換の事由が当店に帰する場合
1. 梱包不良による輸送時の破損
2. 商品がご注文の品と全く違ったものである

■返品・交換できない場合
返品・交換の事由がお客様に帰する場合
1. 写真と現物が違ったものに見えるという交換事由
2. 現物が気に入らないという交換事由

【 必ずご確認ください 】
当店の人気商品であるヒマラヤ水晶はすべて天然、手作り一点モノです。
撮影にも気を使っておりますが、現物と写真の見た目が違うというクレームはご遠慮ください。
日光下、曇り空、白色電球、黄色電球などにより見た目は異なります。
水晶のもとよりのダメージや銀細工の多少の不具合等に関しても極力記述を載せておりますが、 写真に写っていないダメージがある等の事由に関してもお控えください。
しかし、注文したが指輪等のサイズを間違えてしまい着けることが出来ない、 購入してすぐに落下等で壊してしまったなどのご相談に関してはお気軽にお問い合わせ下さい。
返品の事由がお客様に帰する場合は返品は受けかねますが、 せっかくご購入頂いたものですのでお客様にとりましても心地よい対応に努めて参ります。
※ご購入の前には必ず法の明記ページの返品・不良品についてもご一読下さい。

その他お買い物にご確認頂きたい事項

■ ご注文メールが届かない場合
通常はショッピングカートから手続きを進め、
「この内容で注文する」ボタンを押したと同時にお客様のアドレスへ
【自動送信】ご注文の確定までお待ちくださいというメールが届きます。

もしこのメールが届いていない場合は、まず迷惑メールボックスをご確認ください。 迷惑メールへ振り分けられている可能性がございます。
※とくにヤフーメールやホットメール、Gmailをお使いの方はご注意ください。
迷惑メールに振り分けられる事が非常に多くなっております。
また、ご注文後24時間以内には(定休日は除く)「ご注文いただきました」というメールが届きます。
ご注文後3日以上待ってもこのメールが届かず、迷惑メールにも振り分けられていない場合は、 お問い合わせフォームよりご連絡ください。
通常時は自動送信より数時間のうちにご注文受け付けのメールを送信しております。

また、近年では携帯やスマホからのご利用も非常に増えており、携帯電話アドレスにメールが届かない事態が多く発生しております。
携帯の迷惑メール対策として「パソコンからのメールを拒否する」設定をしておりますと、当店からのメールが届きません。
ご利用の前にはパソコンからのメール拒否をご解除頂くか、当店のメールアドレスをアドレス帳へご登録下さい。

■お取り置きに関しまして
扱っております商品がすべて一点物という性質上、お取り置きは行っておりません。
ご検討する為のお取り置きは行っておりませんが、ご購入前提のご予約は受け付けております。 もしも「この商品が欲しいのだけれどもお支払いは来月になってしまう」等の理由がございましたらお気軽にご相談ください。

■ショッピングカートの有効期限
ショッピングカートはセキュリティの関係上、
お品物を入れてから50分が経過すると自動的に失効致します。

ご購入お手続きの際はご注意くださいますよう宜しくお願い致します。
※お品物がはき出されててしまった場合は再度カートに入れてお手続き下さい。

■販売をお断りさせて頂く場合もございます。
お客様によっては販売をお断りさせて頂く場合がございます。
その際は自動送信の後で当店からのキャンセルのメールが届きますが、キャンセルの事由には答えられません。
※悪意のあるご注文や過去のトラブル等、よほどの事がない限りこのような事態は起こりませんのでご安心ください。

表示価格について

オンラインショップに記載された価格は、消費税込みの価格です。
※ご注文の合計金額によってこの他に送料や代引き手数料が掛かる場合がございます。

ご配送・送料について

■ご配送に関して
ヤマト運輸(クロネコヤマト宅急便)にて、お届けします。
クレジットカード及び代金引き換えでのご注文の場合、
基本的にはご注文受け付け日の翌営業日がご配送のお手続きとなります。
お振込によるご決済の場合、
お振込日の翌営業日が発送のお手続き日となります。
※定休日や不定休もございますので予めご了承下さい。
※商品のお届けは、基本的には日本国内のみとなります(国外は応相談)

■お届け日時のご指定について
お届け時間帯は、下記よりご指定いただけます。

【 ご指定日に関するご注意事項 】
ご配送指定日がある場合は余裕を持ってご指定下さい。
特別お日にちに指定がない場合は、発送日より一番早いお届け日にてお手配致します。

■送料について
送料は以下の通りとなります。

地域 都道府県 配送料
北海道 北海道 1058円
北東北 青森、秋田、岩手 950円
南東北・信越
・北陸
宮城、山形、福島、新潟、長野、富山、石川、福井 626円
関東 群馬、栃木、山梨、茨城、千葉、東京、神奈川 626円
中部 静岡、愛知、三重、岐阜 626円
関西 大阪、京都、奈良、滋賀、兵庫、和歌山 734円
中国 島根、鳥取、山口、広島、岡山 853円
四国 愛媛、香川、高地、徳島 961円
九州 福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島 1080円
沖縄 沖縄 1188円

※12960円(税抜12,000円)以上お買い上げで送料無料

■普通郵便ご利用の場合
スパイキーパサルでは普通郵便でのご配送も承っております。
◆普通定型外郵便 全国一律200円

買い物カゴのステップ3確認画にて、「配送方法を普通郵便に変更ご希望ですか?」という質問に「はい」のラジオボタンを押してください。
担当者からの「ご注文いただきました」というご注文受付メールにて変更後の合計金額をお知らせいたします。
普通郵便は通常発送より2,3日でお品物が届きますが、
お時間の指定や追跡機能がございませんのでご了承ください。

【 普通郵便ご利用のご注意事項 】
万が一の郵便事故や郵便の遅れの際の補償がございません。
郵便事故に関しては当店では責任を負いかねますのでご注意下さい。
 
大切なお品物ですのでなるべくクロネコヤマト宅急便をご利用することをお勧め致します。
また、業務簡略化のため一律料金となっておりますが、
お品物によっては実際の送付にかかる費用が200円に満たない場合もございます。
その際の差額分は手数料として当店が頂いておりますがご了承ください。

お買い物の際のお役立ちページ

■お買い物サポート
こちらのページにもお買いものガイドを用意しております。
ご利用案内(お支払・送料等)

■お問い合わせ
お品物の事やお買いもの手順等、わからない事はお気軽にお問い合わせ下さい。
お問い合わせフォーム
実店舗の営業時間内でしたらお電話でのお問い合わせも可。
お電話番号: 03-6807-1610 スパイキーパサル実店舗

■お客様の声
お買い物前にはお客様も声もご参照下さい。 また、お取引完了後にはランダムな確率で評価(お客様の声)ご依頼メールが届く場合がございます。 その際は評価にご協力頂ければ幸いです。
お客様の声

■法の明記
特定商取引法の明記は下記リンクに記載しております。
法の明記

個人情報について

スパイキーパサルでは個人情報の秘密厳守に努めております。
お客様からお預かりした大切な個人情報(住所・氏名・メールアドレスなど)を、裁判所や警察機関等、公共機関からの提出要請があった場合以外、公開または第三者に譲渡することは一切ございません。

個人情報保護ポリシー

実店舗は芸能人や著名人も多く住む東京都世田谷区の閑静な通りです。
新宿より小田急線各駅停車にて約15分。 豪徳寺駅南口より徒歩5分です。

不特定多数のお客様より、ひとりひとりのお客様を大切に!パサルはそんなコンセプトの上に成り立っております。
お客様が時を忘れて水晶やモノ達と触れ合えるような居心地の良い空間となるよう心がけております。

スパイキーパサル Spikypasal
東京都世田谷区豪徳寺1丁目6-3 スバルハイツ店舗A号室
【TEL】03-6807-1610
営業時間:12時〜19時 定休日:毎週水曜、第一第三日曜日
※※※不定休もございますので、ご来店前には必ず店舗ページにて店舗カレンダーをご確認ください※※※

ヒマラヤ水晶の答えはココにあります。 ヒマラヤ水晶とこだわり天然石アクセサリの専門店スパイキーパサルに掲載されている記事、写真などの無断での複製、転写、使用などを硬く禁じます。
すべてのグラフィックス及び記述は著作権法、及び国際条約により保護されています。
All Rights Reserved @ Maya Universe, Inc. Since 2002